本文へスキップ

We seek to further Thomas Hardy scholarship--the Thomas Hardy Society of Japan

Publications

『ハーディ研究』

教育方針イメージ

年一回9月に刊行。
                                  Stinsford Church
39号目次
バックナンバー目次

『ハーディ研究』投稿規定
原稿締め切りは 毎年4 月 1 日。
掲載の可否は編集委員会での審査により決定されます。論文の掲載に当たっては、執筆者ひとり 10,000 円の負担をお願いしています。執筆者には『ハーディ研究』を5 部進呈します。5 部を超えて必要な方には 1 部 1,000 円でお分けします。
《執筆要領》
1. 応募原稿は、ハーディに関する未発表原稿に限る。ただし、口頭発表はこの限りではない。
2. 英文の場合は、英文タイプ(ワープロ/パソコン)A4用紙にて(1ページ30行)、10枚程度。英文の場合は、原則として
The MLA Handbook (北星堂書店発行の邦訳『MLA英語論文の手引き』)に従うこと。
3.引用の場合は、出典(Edition・ページ)を明記のこと。
4.
原則として完全原稿とし、校正時の大きな修正は認めない。
5.
原稿の採否は、編集委員会の決定による。
6.
原稿の締め切り:2018(平成30) 41日。

7. 原稿は下記の要領で、電子メールまたは郵送で提出すること。
完成原稿のファイルを添付し、電子メールで協会のメールアドレス jimu.thsjapan@gmail.com
に送付する。
② 完成原稿
1部を簡易書留にして事務局へ郵送する。郵送の場合、必ずCDUSBなどによる電子版原稿を付けること。なお、「会報原稿」と表書きして下さい。いずれの場合も、執筆者の住所(連絡先)とメールアドレスを記したものを必ずつけること(様式自由)。電子メールでの提出の場合、CD などの電子版原稿の送付は不要です。
8.注をつける場合には、ワードの注機能は使わないでください。版下作成に用いる一太郎ファイルへの変換がうまく行きません。
9. 引用文献表を論文の末尾につけること。
10. 掲載された論文は電子化され、ネット上で公開されることがあります。

原稿送付先

〠161-8601
東京都新宿区神楽坂 1-3
東京理科大学 1 号館 1603A 研究室
「日本ハーディ協会事務局」
原稿作成上の注意 
版下は「一太郎」を使って作成します。従って、原稿も「一太郎」を使用することが好ましい。WORDを使うことも可だが、その場合、WORDの注機能を使わないで、注を付けること。
MLA Handbookに準拠したドキュメンテーションが簡単に作成できるツールとして、次のものをお薦めします。(The Chicago Manual of Styleで原稿を作成するときにも使うことができます。Thomas Hardy ReviewはChicagoを採用しています。)
1) Citation Builder
2) Sample MLA Papers and Works Cited Lists
3)
MLA citation examples

40号から書評も掲載する
ことになりました。
書評に値すると考えられるハーディ関係の研究書、伝記などの推薦をお願いします。推薦はひとり1冊に限定します。
候補本の
1.
推薦締め切り  2018年9月30日
2. 内容 ハーディ関係の研究書、伝記など。研究書の場合には最低1章をハーディに割いていること。
3. 言語表記は英語または日本語とする。
4. 過去3年以内に出版されたもの(5年以内のものも例外として認めることがある)。
5. 情報は『ハーディ研究』編集委員長に送付のこと。

〠192-0393 東京都八王子市東中野742-1
 中央大学総合政策学部11456研究室 永松京子  kyoko@fps.chuo-u.ac.jp

書評原稿
1) 日本語の場合5,000字~6,000字、英語1,500語程度(要ネイティブチェック)
2) 原稿は電子メールの添付ファイルで事務局へ送付。
3) 書評本の購入は自費による。

Works Citedでは次の点に特に注意をしてください》

Gilligan, Carol.  In a Different Voice: Psychological Theory and Women’s Development. Cambridge: Harvard UP, 1982. Print.

  • Note that for university presses, the words university and press will be abbreviated without periods.

Mason, Bobbie Ann.  “Shiloh.”  Literature: An Introduction to Fiction, Poetry, and DramaEd. X. J. Kennedy and Dana Gioia.  9th ed.  New York: Longman, 2005.  643-54. Print.

  • Note that the editors' names are not inverted.  In-text citations should list the author of the work cited, not the editor.  Example: (Mason 643).
  • Note also that Ed. (not Eds.) should be used before the editors' names, because this is an abbriviation of "edited," not of "editors."

「日本ハーディ協会ニュース」

年二回(4月、9月)発行。
バックナンバー,
82号81号80号 79号78号77号76号75号 74号 73号 72号 71号(個人情報が含まれていますので公開していません) 70号 69号 68号  67号


「協会ニュース」の原稿募集要項
論文・随筆は2.000 字程度、短信、個人消息は500 字程度を目安に、締め切り(2月、7 月)までにsnail mailとe-mailの両方で送付する。(
83号は、2018年4月10日発行予定
(snail mail宛先)
 〠〒456-8612
  名古屋市熱田区熱田西町1番25号 名古屋学院大学 外国語学部                                 西村美保
(メール・アドレス)   lilac@ngu.ac.jp
WORD ファイルPDF ファイルも添付のこと



大会の研究発表の応募規定(61回大会の研究発表募集中)
研究発表は日本ハーディ協会会員に限る。
1) 事務局宛に次の書類を電子メールまたは郵送にて送付すること。
① 発表要旨(日本語の場合は600字程度、英語を用いる場合には150words程度)
② 発表タイトル、名前、所属する研究機関名、身分、連絡先を記したカバーレター
③ 略歴表
2) 応募締め切り
  
2018年4月末日 (2017年度から締め切りが早くなりました。)
3) 発表時間は25分、他に質疑応答に5分。


論文集 『トマス・ハーディ全貌』(日本ハーディ協会編、音羽書房鶴見書店、2007)


information

日本ハーディ協会

〠162-8601
東京都新宿区神楽坂1-3
 東京理科大学1号館
1603A研究室
03-5228-8156